スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扇 明治、大正の末寛扇子

01-27,2015


先日おとなりフランスのアルサスで行なわれた

明治、大正時代のロマンチックな扇子の展示会。

あんなにも時代スタイルを凝縮したたくさんのコレクションを見たのは初めてでした!

しかもプライベートコレクションなのに状態がピカイチ。

色あせもほとんど感じませんでした。

どれも色んな着物と嬉しく くるくる 合わせたくなるような

柔らかくて 甘い 色合いと

繊細な職人技が 巧く調和された 素敵な扇子ばかりで

インスピレーションをたくさんもらいました。

なかでも自分で気に入ったものをスナップ写真でご紹介。


普段はお茶のお稽古のとき、夏時の暑いときのみに扇子を持ち歩くけれど

家でも素敵な扇子を 掛け軸に飾ったりするのも

お洒落でかわいいかも!!


次回の里帰り時は この1920年/30年代のような あまくて哀愁ただよう

末寛扇子を せんす専門店で ゆっくり探してみようっと♪ 




1920年代のもの。今回の中で一番のお気に入り。
fan-1930b.jpg
1930年代のもの、梅花

fan-1930a.jpg

1930年代のもの、秋らしいお洒落な模様です。

fan-meijic.jpg 
明治時代のもの 多種の魚がやさしく描かれています。

fan-meijib.jpg 
明治時代の金扇子

fan-taisho1.jpg 
大正時代のもの 風景画

fan-taishoa.jpg 
大正時代のもの

fan-meiji1.jpg



明治時代のもの

fan-detail.jpg
なんて繊細な結び技でしょう!


take-nj-kana-b.jpg 

関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。