FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のギャラリー "菊乃波〜THE KIKU WAVE"

11-11,2012


月影の 

至らぬ里は 

なけれども 

眺むる人の

心にぞ住む

        
(つきかげの いたらぬさとは なけれども ながむる ひとの こころにぞすむ)



The Kiku wave 72dpi

                                                                                        RIE TAKEDA
                                                                      "THE KIKU WAVE" 2009
                                                                                                    40x50cm



寒さが例年より早く寝付いた為か 
自分の心にゆとりがないのか(?)
ここ数週間 夜の月明かりや星のかたちを ゆっくり眺め
もの想いにふける、なんてすっかり出来ず終いでいたけれど
やっぱり恋しくなった 月の光と夜の静けさ。

ハローウィン、諸成人の日が過ぎると
わが家ではさっそく蜜柑色から紅色へと衣替えをする。
今年は愛娘と二回目のクリスマスシーズンなので
例年のようにラストミニッツではなく少しずつ
プレクリスマスの準備をゆかいに手作りでしていこうと思っています〜

菊はやっぱり秋の象徴なんだけれど
このコラージュ作品 私にとっては年中お気に入り』の一つ。
特にこれからの季節と同調する。
冬、クリスマス、雪玉 ー 心が温かく ふわふわしてくる感じ。

今年はジンジャーブレッドを焼いて クリスマスツリーのデコをつくろっかな♧






上記は法然上人 (続千載和歌集)より。
月の光が届かない里はないけれど、それを眺める人の心があってこそ、その美しさを感じることが出来る、という意味です。
        闇夜を照らす月の光には差別は一切なく、あらゆる場所を平等に分け隔てなく照らします。
でも、どんなに月の光が照らしていても、月を眺めようとしない人には、月の素晴らしさは決してわからないでしょう。
  
take-nj-kana-b.jpg

作品は売れ済です。ありがとうございます。











関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。