FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオジャポニズム: 季節と遊びと掛け軸「唐子/祝いからこ」

01-14,2012

唐子1


あっという間に 過ぎてしまった愉しい穏やかな お正月気分。
ヨーロッパではもう新年の挨拶も言わないし、すっかり通常の日常に戻ってしまた様子。
心淋しいが、書道の個人授業も今週から再開するので 
ずっとゆるりとしているわけにもいかない。。

忙しいときでも心の栄養とゆとりの為
生け花や季節の飾り付けをお家で楽しむようにしているこの数何年。
毎月自分の仕事部屋兼レッスン部屋兼時たまお客様部屋(最近では娘がはいはいの練習にも使いますが)
に季節の色紙を掛け軸に飾る。
丁度自分が仕事する目の前、生徒さんがお習字の練習をする目の前にくるので
心に優しく話しかけるような書作、ちぎり絵、墨絵などを選ぶ。



唐子2


書き初めを飾ろうかとも思ったが 2012年初の色紙は「唐子の楽祝い」。
祖母の親戚の墨絵を嗜む方からいただいたもの。
三人唐子が、n締太鼓、三鼓、高麗笛を楽している切り絵だ。
あっさりでクールな銀色マットに目出度い紫、緑、赤を着た丸型唐子が程度よ~くシニカルに合って
嬉しい遊び心を刺激する!なんてモダンなの!
よく見れば、各かぶっている帽子の種類も微妙にちがっていてより興味深い。
あぁ!こんなお洒落な帯がほしいわ~、渋い牡丹色か鳶色の着物が似合いそう!

これなら春分の頃までは 新鮮な祝い心で 
わくわく微笑ましく 竜の睦月を過ごせそう。

take-nj-b.jpg
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。